北海道トラック協会からのお知らせ

札幌市中央区南1条通における道路空間利活用実証実験(6月17日~6月30日)

 札幌都心交通研究会(運送事業者、学識経験者、札幌市等で構成)は、札幌市中央区の大通地区の路上駐車等の交通課題の解消や道路空間における新たな賑わいの創出などに向けて検討を進めており、別添のとおり実証実験を行うこととなりました。片側二車線の第1車線を実証実験として利用するため第2車線の一車線のみの通行となります。通行を妨げるような方法で駐車すると渋滞を起こしますのでご注意願います。
 第1車線側には、特定の運送事業者専用のスペース(実験期間中荷捌き不可と記載)のほか、一般貨物車の短時間の荷捌き用スペースが2ヵ所設けられています。(利用時間帯指定)資料をご確認ください。
 
※ 南1条通における道路空間利活用実証実験のお知らせ等 
   
 
 

お困りですか?