北海道トラック協会からのお知らせ

年末年始の天気に関する情報(第2報)

<概況> 30日から1月1日頃にかけて日本付近は強い冬型の気圧配置となり、上空の強い寒気が31日頃を
中心に流れ込む見込み。その後も、北日本から東日本を中心に強い冬型の気圧配置が断続的に続くおそれ。
29日までに大雪などに対する備えを。
<大雪> 西日本では30日から31日頃にかけて、北日本から東日本では30日から1日頃にかけて日本海側を
中心に、平地も含めて大雪となるおそれ。東日本と西日本の太平洋側の平地でも積雪となるところがある
見込み。その後も日本海側を中心にさらに降雪量が増えるおそれ。
<暴風・高波> 30日から31日にかけて、北日本から西日本の日本海側を中心に猛ふぶきや暴風となる
おそれがあり、海上は南西諸島も含めて大しけとなるおそれがある。
<警戒事項> 大雪による交通障害や施設への被害、ふぶきや吹きだまり、暴風による交通障害、高波に
警戒・注意。また、路面や水道管の凍結、屋根からの落雪、停電や倒木、山地におけるなだれに注意。
【気象庁の対応】
・本日14時に「大雪に対する国土交通省緊急発表」を行い大雪への警戒を呼び掛ける予定。
 北海道については、以下の予報となっています。
・大雪(24時間降雪量)   30日 20~40センチ   31日 20~40センチ
・暴風    31日 警報級の暴風となる見込み
 ※ 【気象庁連絡事項】資料20201228

お困りですか?