北海道トラック協会からのお知らせ

【気象情報】18日頃にかけての大雪と暴風雪について(第3報)

【概 要】
<今回のポイント>今回の上空の強い寒気は2回ピーク(17日午後から18日朝、18日午後)があり、
その頃に雪が特に強まるおそれ。昨日の予想に比べ上空の気圧の谷が深まる予想に変わり、
予想される降雪量が増えた地域がある。
(※北海道については、18日6時までの24時間の予想降雪量が30~50㎝→60㎝に変化しています)
<概況>発達した低気圧が宗谷海峡付近にあって、18日にかけてゆっくり南東へ進む見込み。
また、日本の上空には強い寒気が流れ込んでおり、18日頃にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込み。
<大雪>北日本から西日本では日本海側を中心に18日頃にかけて大雪となる見込み。
<暴風雪・暴風・高波>北日本から西日本では日本海側を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、
北海道地方では猛吹雪となっているところがある。この状況は17日夜にかけて続く見込み。
<警戒事項>大雪や見通しのきかない猛ふぶき、吹きだまり、暴風や高波による交通障害に警戒。
また、大雪による施設への被害、路面の凍結、屋根からの落雪、停電や倒木、山地ではなだれに注意。
雷や竜巻などの激しい突風にも注意。

 ※ 気象庁情報(第3報)

お困りですか?