燃料価格高騰対策について

燃料高騰でトラックが止まる!

北海道トラック協会 燃料価格高騰対策について

平成23年以降、燃料価格は高止まりの状況で推移し、とくに昨今では急激な円安や産油国周辺の政情不安等による原油高騰の影響により、一段と上昇しているところであり、トラック運送事業者は、まさに事業存続の危機に直面しています。
そこで、燃料価格高騰に対する諸施策を迅速かつ的確に実施するため、11月11日に北海道トラック協会に「燃料高騰対策本部(本部長 伊藤昭人)」を設置しました。
また、対策本部では、荷主宛に燃料の高騰による影響でトラック業界の経営が厳しい現状であることについて、理解と協力を求める文書を発出いたしました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

燃料高騰でもう限界!トラック輸送の危機は暮らしの危機
お困りですか?