各種助成事業のご案内

CNG車燃料助成金交付事業

この助成事業は、トラック走行に伴う窒素酸化物、粒子状物質等による大気汚染を軽減し快適な環境保全を図るため、貨物自動車運送事業の用に供する低公害車(天然ガス自動車)の燃料費の一部を助成し、低公害車の普及促進を図るための助成制度です。

CNG車燃料助成金交付要綱

(目    的)  
第1条   公益社団法人北海道トラック協会(以下「北ト協」という。)は、トラック走行に伴う窒素酸化物、粒子状物質等による大気汚染を軽減し快適な環境保全を図るため、北ト協会員事業者(以下「会員」という。)が事業の用に供する低公害車である天然ガス自動車(以下「CNG車」という。)の燃料費の一部を助成し、低公害車の普及を促進することを目的とする。
(助成対象)  
第2条   申請時に北ト協会員である事業者を対象とし、かつ申請車両が北海道内7地区トラック協会のいずれかに所属する営業用貨物自動車に限るものとし、会費未納等が無いものとする。
2  経済産業省及び国土交通省が実施する「低炭素型自動車交通促進事業費補助金」交付規程に基づき導入した、会員が使用するCNG車が燃料として使用する天然ガスを対象とする。
(対象期間)
第3条   本助成は、前条の天然ガスを平成30年4月1日から平成31
年3月19日までに充填したものを対象とする。
(助成金額)
第4条   助成金の交付額は、会員が使用するCNG車が充填した天然ガス1㎥当たり4円を助成する。ただし、1社(本社、支店、営業所を含む。)の助成額は年間30万円までとする。
助成金の額 = 天然ガス充填量(㎥) × 4円
(申請方法)
第5条   助成を希望する会員は、別紙様式「CNG車燃料助成金申請書」に必要事項を記入の上、北海道ガス株式会社及び旭川ガス株式会社が発行する天然ガス充填量証明書の写しを添付し、北ト協へ提出しなければならない。
(申請期間)
第6条   申請期間は、上期分(4月から9月)を10月末日、下期分(10月から3月)を3月末日までとする。
ただし、上記期間内であっても、予算枠に達した場合は、その時点で打切るものとする。

(助成金交付)
第7条   申請を受付け助成金交付条件に適合すると認めたときは、北ト協は会員に対して、助成金を交付する。

(助成金の返還)
第8条   助成金交付後に虚偽の申請その他不正な行為が判明した場合には、助成金の返還を命ずることがある。
(1) この要綱その他北ト協が定める事項に違反したとき
(2) 虚偽その他不正な手段により助成金の交付を受けたとき
2 前項の規定により返還を命じられた会員については、北ト協が行う助成事業すべてに係わる請求は、原則として当分の間、これを受付又は交付決定を行わない。

(その他の必要事項)
第9条   この要綱に定めるもののほか、助成金の交付に関するその他の必要事項は、北ト協が別にこれを定める。

《お問い合わせ・申し込み先》

(社)北海道トラック協会 業務部
〒064-0809 札幌市中央区南9条西1丁目
TEL 011-511-9784
FAX 011-521-5810

申請書等ダウンロード》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お困りですか?